株式会社 岩田商店

[本 社]
〒432-8032
浜松市中区海老塚町853番地
TEL:(053)456-2648
FAX:(053)454-1026

   
[営業本部・神田工場]

〒432-8047
浜松市中区神田町1488番地
TEL:(053)441-1110
FAX:(053)441-1077
e-mail:info@iwata-st.co.jp

     
[木戸工場]
〒430-0806
浜松市中区木戸町20-10
TEL・FAX:(053)463-3141






古紙について
古紙はリサイクルされてどうなるのですか?
古紙は種類や製紙会社によって様々な紙に生まれ変わります。段ボール古紙は主に段ボールの原料に、新聞古紙は主に新聞用紙原紙に、雑誌古紙は菓子箱などの原料の板紙(いたがみ)に、またオフィス古紙は主にトイレットペーパーになります。このように製品によって原料となる古紙は違います。だからこそ分別が大事なのです。
 
紙でもリサイクルできないものがあるって聞いたのですが?
製紙工場で古紙を原料にして紙を造るとき紙の繊維以外の物を取り除きます。異物が多ければ製品の品質や製造コストに大きく影響します。中には少量混ざっているだけで重大な障害となるものもあります。こうした異物のことを業界では、禁忌品(きんきひん)と呼んでいます。
代表的な禁忌品は、感熱紙(FAX用紙など)、カーボン紙(伝票など)、ラミネート加工紙、捺染紙・昇華転写紙(アイロンプリント等で使用する型紙)、感熱性発泡紙(点字用紙など)、ワックス加工紙(紙コップなど)、ロウ引き・防水加工紙(冷蔵食品用段ボールなど)です。
また、当然ながら紙以外の物も禁忌品です。代表的なものは、ビニール・フィルム類(ファイル類・封筒の透明な窓・合成紙)、金属製品、ガラス製品、布製品、発泡スチロールです。
なお、普通の状態なら問題はありませんが、油が付着した紙や焼け焦ている紙、においの染み付いた紙などは禁忌品になります。
 
段ボールのとじ金具やガムテープはそのままでいいのですか?
段ボールの梱包用に使われているとじ金具やガムテープは、取らなくてもかまいません。製紙工場でパルパー(溶解釜)の底に沈んだり、スクリーン(網)に残って取り除くことが出来るからです。
 
会社に段ボールや新聞紙、雑誌がたくさんあるのですが、回収してもらえますか?
もちろん回収できます。諸条件は回収場所や具体的な数量、回収方法などよりますのでお気軽にお問い合わせください。その際は1.引取にお伺いする場所2.対象の品物3.1回あたりのおよその引取数量をお伝えください。
 
機密書類があるのですが、どうしたらよいでしょうか?
ご予算、機密書類の荷姿、分別のレベル等により、製紙会社での直接溶解処理、または焼却処分をご提案できます。ご担当者様の立会い確認もしていただけます。また、溶解証明・廃棄証明書を発行いたします。直接溶解処理の場合、当社の専用車輌により製紙工場に持ち込み、書類はパルパー(溶解釜)へ専用コンベアーで投入されます。投入後ものの数分から数十分で溶解され、機密データは完全に抹消されます。機密文書の積込からパルパーへの投入までを直接確認出来ます。また、書類は事前の分別を充分にしていただくことで、一度封をしたものはどの過程においても開封は致しません。詳しくはお気軽にご相談ください。
 
新たに資源物集団回収を行おうと思っているのですが、どうすればいいですか?
資源物集団回収は地域のコミュニティー作り、環境教育の効果だけでなく、地域の貴重な収入源にもなりえます。ぜひ、ご協力をさせてください。
浜松市の場合ですと、団体登録がしてあれば、集めた資源物に対し協力金が支給されます。「団体登録がしてあるか?」「対象地域の世帯数は?」などを教えていただければ、当社の長年にわたる資源物回収の実績と、豊富なノウハウにより、地域の実情に合った資源物回収方式をご提案できます。
お客様のご負担を減らし、より効率的な資源物回収ができるよう、お手伝いさせていただきます。
   
紙製品に関連したリサイクルマークついて教えてください。
紙に関連したリサイクルマークは下記の通りです。

マーク 名 称 意 味
グリーンマーク 古紙を原料に利用した製品であることを表示したマークです。原料に40%以上古紙を使用した商品につけられるマーク。
Rマーク 印刷物などで再生紙を使用したものにつけられます。数字は古紙がどのくらいの割合で含まれているかを表しています。
非木材紙マーク 非木材パルプを重量比10%以上使用した原紙、およびその原紙を使用して作られる紙製品ならびに紙加工品につけられます。
ケナフマーク ケナフパルプを総重量比20%以上配合した原紙およびその原料を使用した紙製品・紙加工品と、ケナフを総重量比10%以上配合した紙以外の加工品につけられるマーク。
ツリーフリーマーク 原材料調達から製造、消費、再利用に至るまで管理された本物の非木材紙(ツリー・フリー・ペーパー)であることを証明するマーク。
容器包装リサイクル法
識別マーク
「容器包装リサイクル法」に基づき、紙製の容器包装(段ボール及びアルミコーティングをしていない飲料用紙パックを除く。)につけられるマーク。
飲料用紙製容器
(アルミ利用を除く)
紙製の牛乳類、ジュース類のパックにつけられるマーク。
段ボール
リサイクルマーク
段ボールのリサイクル促進のために、段ボールにつけられるマーク。
パックマーク 牛乳パックを再利用して作られ、一定の品質を満たした商品につけられるマーク。

廃棄物について
産業廃棄物とはどのようなものですか?
まず、廃棄物とは不要となった固形状または液状のものをいい、『産業廃棄物』と『一般廃棄物』に分類されます。事業活動に伴い発生するものを『産業廃棄物』といい、法律により以下の20種類が定められ、事業者の責任において処理することが原則とされています。対して、主に家庭などで生活する上で発生する産業廃棄物以外のものを『一般廃棄物』といい、最終的な処理責任は各市町村が負っています。
 
産業廃棄物のマニフェスト制度とはどういうものですか?
産業廃棄物を排出する事業者は、廃棄物の処理を他人に委託する場合、どのように廃棄物をどういう方法で処理したかを把握する必要が発生します。その廃棄物の流れを専用の伝票で追跡管理するのがマニフェスト制度です。廃棄物の排出事業者は、産業廃棄物の種類ごとに交付し、管理票を5年間保管することが義務付けられております。



掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright (C) 2006 Iwata-shoten Co.,Inc. All Rights Reserved.